Bayarea Staff のすべての投稿

第8回 道新賞 海上大運動会の報告

8月6日に小樽築港ベイエリアで行われた~海と日本プロジェクト2017~『第8回道新賞 海上大運動会』の報告です。

前日までは曇りの予報でしたが、参加者の願いが空に届いたのか、朝から快晴となり、気持ちよく海と夏を満喫することが出来ました。

当日の進行予定はこのようになっています。
9:30 現地集合(受付)
9:45 開会式と安全宣言
10:00 A競技開始:フロートに乗って一人綱引き
11:00 B競技開始:SUP de パドリング
12:00~13時 昼休み
13:00 C競技開始:歩み板60m徒競走
14:30閉会式・表彰式
15:00 終了解散
今年は参加者が多かったですが、ほぼスケジュールどおりに進めることができました。

続きを読む 第8回 道新賞 海上大運動会の報告

第8回 道新賞 海上大運動会のお知らせ

<定員に達したため申し込みを締め切りました>

また今年も真夏の海の風物詩、海上大運動会を小樽築港ベイエリアで開催します。

公益財団法人日本セーリング連盟(事務局:東京都渋谷区、会長:河野博文、以下「JSAF」)加盟団体では全国各地にて子ども達を中心に地域住民が日常的に海にかかわるスポーツや遊びに理解と関心を高め、海事思想の健全な発展及び普及と海洋環境の保全を目的に、7月の「海の日」をはさむ前後2ヶ月間で全国13カ所(予定)において【海と日本プロジェクト】を以下の目的で開催いたします。

  • 親子でセーリングを体験し、「海」がもたらす素晴らしさを体感すること
  • 参加した地域住民に日頃接点の少ないマリンスポーツの楽しみ方を知って頂くこと
  • 子供から大人までが海上を体験することで、水辺での安全対策や、自然環境の保全の大切さを実感すること

【海上大運動会競技種目の説明と申し込みフォーム】

A競技
フロートに乗って一人綱引き
フロートに乗って綱を引き早さを競います。
B競技
SUP de パドリング
通常SUP(サップ)は上に立ってパドルで漕ぎますが、サーフィンのパドリングのように腹ばいか座った状態で手で漕いで速さを競います。
C競技
歩み板60m徒競走
水面に浮かんだ往復60mの一本橋を走り速さを競います。

昨年の第7回の模様も参考にしてください。
第7回道新賞海上大運動会

出場は1種目だけでも3種目全部でも可能です。参加費は種目数に関わらず、大人500円、中高生300円、小学生(4年生以上)200円です。小学生は4年生以上とさせていただきます。

開催日 : 平成29年8月6日(日)
開催時間: 9時30分~15時
場所 : 北海道小樽市築港臨海公園
募集人数: 小中学生の部、高校生大人の部、それぞれ15名
参加費用 : おとな500円 中高生300円 小学生以下200円
※小学生は4年生以上とさせていただきます。
申し込み: 下のボタンから申し込みフォームに移動して入力のうえ申し込むか、必要事項をメールかFaxでお送りください。2日以内に確認のメールをお送りします。

【必要事項】

参加競技1 「フロートに乗って一人綱引き」
参加競技2 「SUP de パドリング」
参加競技3 「歩み板60m徒競走」

お名前 (必須)

学年または年齢(小3、中2、高1、34歳等)(必須)

連絡先メールアドレス (必須)

連絡先電話番号 (必須)

過去の出場回数

今回のイベントは
—新聞で知った。広告で知った。Webで知った。Facebookで知った。知人に聞いて知った

抱負など(選手紹介などで使わせていただきます)

<定員に達したため申し込みを締め切りました>

今年の夏の運動会は
小樽築港べエリアで夏満喫!

【お問い合わせ先】
連絡先 : 小樽築港ベイエリア委員会
電話・Fax番号 : 0134-33-1340
メールアドレス : otaru.bayarea@gmail.com
HP : http://otarubayarea.com/

主催 : JSAF加盟団体北海道セーリング連盟、小樽築港ベイエリア委員会
協力 : 北海道放送、北海道新聞社、小樽海洋少年団、小樽ヨット少年団他

このイベントは、日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環で実施しています

第4回 ボート天国in小樽夏休みロングランのお知らせ

また今年も夏休みの時期に合わせて、ボート天国in小樽夏休みロングランを小樽築港ベイエリアで開催します。

公益財団法人日本セーリング連盟(事務局:東京都渋谷区、会長:河野博文、以下「JSAF」)加盟団体では全国各地にて子ども達を中心に地域住民が日常的に海にかかわるスポーツや遊びに理解と関心を高め、海事思想の健全な発展及び普及と海洋環境の保全を目的に、7月の「海の日」をはさむ前後2ヶ月間で全国13カ所(予定)において【海と日本プロジェクト】を以下の目的で開催いたします。

  • 親子でセーリングを体験し、「海」がもたらす素晴らしさを体感すること
  • 参加した地域住民に日頃接点の少ないマリンスポーツの楽しみ方を知って頂くこと
  • 子供から大人までが海上を体験することで、水辺での安全対策や、自然環境の保全の大切さを実感すること

用意する舟艇は、アクセスディンギーや、シーカヤック、SUP(サップ)、20フィートクルーザーヨットなど14隻あります。体験試乗を通じて普段と違った海を楽しんでもらいます。

今年も夏休みは
小樽築港べエリアで夏満喫!

アクセスディンギー シーカヤック
SUP(サップ) 20フィートクルーザーヨット
開催日 : 平成29年7月22日(土)~8月19日(土)
(毎週月曜日は休み)
開催時間: 午前の部 9時30分~12時(最終受付 11時30分)
午後の部 13時~15時(最終受付 14時30分)
場所 : 北海道小樽市築港臨海公園
参加費用 : おとな500円 中高生300円 小学生以下200円
※小学生以下は保護者同伴が必要です。

【お問い合わせ先】
連絡先 : 小樽築港ベイエリア委員会
電話・Fax番号 : 0134-33-1340
メールアドレス : otaru.bayarea@gmail.com
HP : http://otarubayarea.com/

主催 : JSAF加盟団体北海道セーリング連盟、小樽築港ベイエリア委員会
協力 : 北海道放送、北海道新聞社、小樽海洋少年団、小樽ヨット少年団他

このイベントは、日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環で実施しています

第10回 ボート天国・マリンフェスタ開催のお知らせ

また今年もマリンフェスタの日にボート天国・マリンフェスタを小樽築港ベイエリアで開催します。

公益財団法人日本セーリング連盟(事務局:東京都渋谷区、会長:河野博文、以下「JSAF」)加盟団体では全国各地にて子ども達を中心に地域住民が日常的に海にかかわるスポーツや遊びに理解と関心を高め、海事思想の健全な発展及び普及と海洋環境の保全を目的に、7月の「海の日」をはさむ前後2ヶ月間で全国13カ所(予定)において【海と日本プロジェクト】を以下の目的で開催いたします。

  •  親子でセーリングを体験し、「海」がもたらす素晴らしさを体感すること
  • 参加した地域住民に日頃接点の少ないマリンスポーツの楽しみ方を知って頂くこと
  •  子供から大人までが海上を体験することで、水辺での安全対策や、自然環境の保全の大切さを実感すること

用意する舟艇は、アクセスディンギーや、シーカヤック、SUP(サップ)、20フィートクルーザーヨットなど14隻あります。体験試乗を通じて普段と違った海を楽しんでもらいます。

海の日の3連休の日曜日、マリンフェスタの日は
小樽築港べエリアで夏満喫!

アクセスディンギー シーカヤック
SUP(サップ) 20フィートクルーザーヨット
開催日 : 平成29年7⽉16⽇(⽇)
開催時間: 午前の部 9時30分~12時(最終受付 11時30分)
午後の部 13時~15時(最終受付 14時30分)
場所 : 北海道小樽市築港臨海公園
参加費用 :  おとな500円 中高生300円 小学生以下200円
※小学生以下は保護者同伴が必要です。

【お問い合わせ先】
連絡先 : 小樽築港ベイエリア委員会
電話・Fax番号 : 0134-33-1340
メールアドレス : otaru.bayarea@gmail.com
HP : http://otarubayarea.com/

主催 : JSAF加盟団体北海道セーリング連盟、小樽築港ベイエリア委員会
協力 : 北海道放送、北海道新聞社、小樽海洋少年団、小樽ヨット少年団他

このイベントは、日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環で実施しています

第8回 港内清掃市民大作戦

今年度の最初の事業の第8回港内清掃市民大作戦ですが、朝から降り続く強い雨が安全祈願祭の途中で弱くなったため、午後1時から開催の予定を繰り上げて行いました。

この港内市民大清掃は、これから夏に向けてお世話になる海への感謝の気持ちをこめて、築港臨海公園周辺水域と陸上の清掃を行うもので、2010年から毎年、小樽築港ベイエリア委員会の主催で、ベイエリアメンバーと海洋少年団、海上技術学校などが合同で行っているものです。

一度弱まった雨ですが、途中からまた強く降りだしましたが、1時間ほどで海上と陸上の清掃を終えることができました。

集まったごみは海上に浮いていたゴミが土嚢袋で20袋以上、陸上のゴミがビニール袋で10袋ほどとなりました。これでこれからの活動を気持ちよく行うことができます。

ご協力いただいた皆様にお礼を申し上げます。